新型コロナウイルス感染対策

お知らせ

診療時間変更のお知らせ
8月より
・火曜日は午前中のみで午後休診となります。
・水曜日は午前中より中山 昇(副院長)の診療に変更となります。
・中山 昇(副院長)の順天堂練馬の外来診療が金曜日の午後診療となります。

9月より
・毎週火曜日は休診となります。
 当院の休診日は毎週火曜日、木曜午後、日曜、祝日となります
・木曜日午前中も中山 昇(副院長)の診療となり、全ての診療時間での副院長の診療が可能となります。
土曜日の診療時間の変更のお知らせ
7月4日より、土曜日の診察時間を下記の通りしばらく変更させていただきます。
   現在 午前診9:00~12:00    午後診13:30~15:00
→  変更 午前診9:00~13:00    午後診休診

皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解の程お願いいたします。                
令和2年度練馬区健康診断が開始となります
令和2年度練馬区健康検査、がん検診が7月1日より開始となります。
本年度は6月下旬に受診券及び案内が発送される予定ですので確認の上
受診してください。
令和2年度練馬区胃がん検診の受け付けを再開いたします。
当院は練馬区胃がん検診の実施機関となっており、消化器内視鏡専門医による検査を施行しております。
当院では経鼻、経口内視鏡どちらでも対応いたします。
令和2年度は、6月1日より受付を再開しております。
対象者:令和3年3月31日時点で50歳以上偶数年齢の区民の方。
お電話にて随時受付を行っておりますのでお問い合わせください。 詳細はこちら
新型コロナウイルス拡大に際して、オンライン診療による初診(電話又はテレビ電話)の対応いたします。
オンライン診察までの流れ
1. オンライン診療の希望をお伝えいただき、電話又はテレビ電話(スカイプ)どちらが希望かをお伝え下さい。そしてご本人のお名前とご連絡先をお伝えください。
2. 症状が重症である、電話での診断では適していない疾患であるなどの理由により、医師がオンラインでの診療では不十分と判断した際は診療をせずに、他の医療機関を勧める場合があります。
3.保険証の確認します
① 被保険者証の写しをFAXで当院に送付
  FAX番号 03-3938-8357
② 被保険者証を撮影した写真のデータをメールにて送付
  メールアドレス:nakayamaclinic.nerima@gmail.com
③ 上記の方法が困難な場合は、電話により氏名、生年月日、連絡先(電話番号、住所、勤務先等)に加え、保険者名、保険者番号、記号、番号等の被保険者証の券面記載事項を確認させていただきます。
4. 内服薬などがある場合は、薬手帳などを用いて保険証と一緒にFAX又はメールでその内容を送付して下さい。
5. 希望の薬局の名前、住所、連絡先(電話番号及びFAX番号)をお伝えください、処方箋をFAXで送付いたします。
6. 窓口負担金につきましては、後日来院しお支払い下さい。しばらく経過した際はこちらからご連絡差し上げます。
※直接来院の患者様を診察中の際は、診察を少し待っていただきます。
※自費診療は行いません。

   Skype(スカイプ)の無料ダウンロードはこちらから
当院は東京都肝臓専門医療機関に認定されております。
肝炎患者の診断や治療方針の決定
かかりつけ医と連携しての治療の実施
B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成の申請に必要な診断書の作成
定期検査の実施及び定期検査費用助成の請求の必要な診断書の作成などを行うことが可能です。 詳細はこちら
風しん「抗体検査」および風しん「予防接種」の費用助成について
練馬区では以下の方の風疹の検査及び予防接種の助成を行っており、
当院は練馬区内実施医療機関となっております。
・昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性
 
・妊娠を希望している女性
・妊娠を希望している女性の同居者(住民登録上の住所が同一の場合)
・妊娠している女性の同居者(住民登録上の住所が同一の場合)

詳細はこちら

診療カレンダー

9月
31010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293001020304
10月
28293001020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829303101

地域の皆様のかかりつけ医として、当クリニックが目指すこと

1. 早期発見・早期治療に努めること

当クリニックでの診療の次の段階として精密検査を行うべく専門の病院への紹介となるわけですが、様々な病院と医療連携を図っております。
特に順天堂大学附属練馬病院においては、当クリニック副院長が非常勤医師として外科外来での診察を行っているため、特に一般外科、消化器外科、乳腺外科疾患については、それぞれの専門医師へ迅速に紹介することが可能であります。

2. 在宅医療・訪問診療のご相談

超高齢化社会を迎えるにあたり、通院が困難な方、できるだけ自宅で過ごす事を希望される方に対し、医療を提供する助けになるように、当クリニックで副院長として診療を行う傍ら、20年以上在宅医療・訪問診療を行っている板橋区役所前診療所(平成医会グループ)で、非常勤医師として勤務しており、今後も365日の医療連携体制を継続していきます。
在宅医療を必要とする患者さん及びご家族様は遠慮なくご相談ください。

医療連携病院

連携病院のイメージ写真01 連携病院のイメージ写真01

クリニックの特長