健康診断

健康診断とは

健康診断のイメージ写真

健康診断とは、診察や各種の検査などによって健康状態を評価することで、健康の保持や生活習慣病などの予防・早期発見につなげることを目的に行うものです。
ただ、一口に健康診断と言っても、様々な種類があります。
当クリニックの場合、特定健康診査、企業健診(雇入時健診、定期健診)、「自費健診」などを行っております。
お申込みはもちろん、具体的な内容を知りたいという場合もお気軽にお問い合わせください。

特定健康診査について

特定健康診査(特定健診)とは、生活習慣病を発症させるリスクを高めるとされるメタボリックシンドローム(メタボ:内臓脂肪症候群)などを早期に発見することで、速やかに予防に努めていき、重篤な病気に罹る可能性を減らす目的で行われる健診です。
なお同健診後、肥満・血圧・脂質・血糖と問診票から、その必要度に応じて、特定健康保健指導を実施することもあります。
主な健診内容につきましては、お気軽にお問い合わせください。

特定健診の結果から、生活習慣病を発症するリスクが高く、日頃の生活習慣を改善することで生活習慣病の予防効果が多く期待できる方について、保健師や管理栄養士などが生活習慣を見直すアドバイスやサポートを行います。

「雇入時の健診」と「定期健診」

当クリニックは、労働安全衛生法に基づく企業健診(「雇入時の健診」、「定期健診」)も行っています。
それぞれの受診項目は次の通りです。

雇入時健診

事業者は、常時使用する労働者に対し、下記の項目について、医師による健康診断を受けなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往症、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、y‐GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます

定期健診

事業者は、年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)

  • 既往症、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、y‐GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます。

自費健診について

体に何の異常もみられず、健康診断を目的として受ける場合は、健康保険の適用外となるので、「自費」による健診(自費健診)となります。
ただし検査項目は、ご自身でお選びいただけます。

ちなみに自費健診の結果、何かしらの病気がみつかって、その病気についての診療を受けるという場合は、健康保険が適用されます。